NGT運営の会見中に山口真帆が謝罪強要されたと告発ツイート!松村匠取締役はしどろもどろ

 

NGT48山口真帆(23)が昨年12月にファンの男性から暴行を受けた事件について、運営会社のAKSが22日、新潟市内で会見。第三者委員会による調査結果を発表しました。第三者委員会は「ファンが山口さんの顔面をつかむ暴行を行った事実が認められる。ただ、NGT48のメンバーで本件に関与した者がいたとは認められなかった」としています。また、「二度とこのような事件が起きないように、暴行を行った被疑者らに対して断固とした対応をするため、民事上の法的措置を検討しています」とした。

そんな中NGT48メンバーの山口真帆さんが会見中に、自身のツイッターを更新。

スポンサードリンク

1月8日以来の投稿で「只今、記者会見を行っている松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に「繋がっているメンバーを全員解雇する」と私に約束しました。その為の第三者委員会だと、私も今までずっと耐えてきました。コミュニケーションも何も、このことに関して聞くと連絡が返ってきません」とツイート。

続けて「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました。私が謝罪を拒んだら、『山口が謝らないのであれば、同じチームのメンバーに生誕祭の手紙のように代読という形で山口の謝罪のコメントを読ませて謝らせる』と言われました。他のメンバーにそんなことさせられないから、私は謝りました」とつづった。

会見では、同時刻に更新されたツイートについて質問された。記者がツイートの内容を読み上げ、文章の印象を聞かれた松村氏は山口がこの会見を「見ているんだなと感じました」とし、謝罪については「要求はしておりません」と否定した。

さらに、このツイートを受けて松村氏は「私どもとしては精一杯、コミュニケーション取ってきたつもりですけど、そういう指摘を受けるということは不足していたのかなと思います」と明かし「被害を受けたのは彼女ですし、このような事態を発生させてしまったことは大変申し訳ございませんとしかありません」などと謝罪していた。

NGT48の暴行事件の記者会見。 山口真帆の連ツイを読み上げてどんどん質問する記者たち。 他社の質問をさらに掘り下げて質問する記者たち。 記者会見中に速報がアップされるネットニュース。 なんだ、やればできるじゃん。

スポンサードリンク

コメント