新元号は「令和」れいわに決定!意味は万葉集の梅花の歌、于時初春令月氣淑風和梅披鏡前之粉

いよいよ平成が終わりますね。
2019年5月1日に皇太子が天皇陛下になられる「即位の礼」が行われて、ついに平成が終わり新年号に変わります。
そしていよいよ、2019年4月1日に新元号が発表されました。

新元号は「令和」

意味は、
『令和』は万葉集の梅花の歌、 于時初春令月 氣淑風和梅披鏡前之粉(時は初春の良き月、空気は美しく風も和やかで、梅は鏡前で装うように白く咲き) 蘭薫珮後之香(蘭は身に帯びた香りのように香っている) からきているそうな。

一体、年号は誰がどのように決めるのでしょうか? 元号法では元号を政令で定めるとしているだけで、実は具体的な決定方法は定められていません。「平成」の元号が決まる際は下記の手順で決まりました。

新元号決定までのプロセス
①漢文学や国文学関連の大学教授ら有識者が候補を考案
②内閣官房長官が選定
③閣議で協議
④国民を代表する形で衆参両院議長の意見を聞く
⑤閣議で決定

「平成」という元号は安岡正篤という陽明学者が考案したもの。「内外、天地とも平和が達成される」という意味だそうです。今回、皇位継承が正式に決まったことで、有識者たちが集められ決定されました。
これまでの大正・昭和・平成といった年号(元号)は理由なく漢字二字を組み合わせて決められたわけではありません。きちんとした学術的な根拠があります。

「昭和」は「百姓昭明、協和万邦」という意味が、「平成」は「地平天成、六府三事允治、万世永頼、時乃功」という意味がそれぞれ凝縮されています。

これはプロの学者でないと提案出来ません。ちなみに、「昭和」という年号(元号)を決めるときは、政府が漢学者で宮内省図書寮の編修官であった吉田増蔵氏に元号選定にあたるように命じたようです。プロ中のプロの漢学者が選定を任されたということです。「平成」は山本達郎という東洋史学者が提案しました。

昭和末年から、政府より昭和天皇崩御を想定した「新元号」について委嘱を受けていたようです。ちなみに、「平成」の他には、「正化」という案も浮上していたとか。漢学者や考古学者など、その筋に詳しいプロの学者さんが選定を任されるようですね。今までの流れとしては、学者さんの提案をもとに政府が審議をし、最終決定は天皇陛下ということになります。

今回の有識者懇談会のメンバーは次の通り。(五十音順、敬称略)

上田良一(NHK会長)▽大久保好男(民放連会長)▽鎌田薫(日本私立大学団体連合会会長)▽榊原定征(前経団連会長)▽白石興二郎(日本新聞協会会長)▽寺田逸郎(前最高裁長官)▽林真理子(作家)▽宮崎緑(千葉商科大教授)▽山中伸弥(京都大教授)

このメンバーで話し合ったと思うと感慨深いですね。

コメント