スポンサードリンク


 

旭酒造より、先日の豪雨災害時にタンクにて発酵中だったお酒が、この度チャリティー商品としてリリースされます。
残念ながら、「獺祭(だっさい) 」を名乗るには今一歩及ばず、通常の獺祭とは別の形でのリリース。
しかし、お酒としては十分に美味しいと思える出来、チャリティー商品としてポジティブな形として世に送り出されます。

旭酒造のそんな想いに、漫画家の弘兼憲史氏が共感し、弘兼氏の漫画の主人公であり、様々な困難に直面し、それを前向きに乗り越えてきた、島耕作氏を使用し、「獺祭 島耕作」として販売することとなりました。

 

以下、旭酒造さんのHPより
2018年7月の西日本豪雨により被災した日本酒「獺祭」を島耕作ラベルで販売いたします。
旭酒造では豪雨のため本社蔵の前を流れる川が氾濫し、大きな被害を受けました。また、停電被害により、相当な数量のお酒が獺祭ブランドしては出荷できなくなりました。 一般的な純米大吟醸の味には達していますが、獺祭ブランドとしては出せないお酒を、「獺祭 島耕作」として販売いたします。
故郷の被害に心を痛めていた島耕作の作者、弘兼氏が、以前より旭酒造との親密な付き合いがあったことから実現した被災者支援の企画です。 1本につき200円が義援金として寄付されます。

 

現物はこちら

 

このお酒、販売価格はなんと1,200円。
あの「獺祭」がこの価格で飲めるのはなんともうれしい。
しかも、獺祭ブランドの最高級品「磨き その先へ」もランダムに入っているというから驚きだ。
さらに、代金のうち200円は西日本豪雨災害の被災地域への義援金として寄付するというから、被災者支援にもつながる。

販売は8月10日からで、全国の特約店、旭酒造直営店、WEB店にて販売開始。
また旭酒造直営店、WEB店は8月2日から予約を開始している。そしてAmazonでも購入可能となっている。

実は筆者もすでにAmazonにて2本予約済み。
皆さんも、美味しいお酒で復興に協力をしてみてはいかがだろうか?

Amazonで購入したい方はこちらから↓

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です