スポンサードリンク



2018年のロシアワールドカップ
日本-コロンビア戦の中で

見事、決勝点を決めた大迫勇也選手。

現在ものすごい注目を集めている選手です。

日本対コロンビア戦というかロシアワールドカップは

勝率が…
勝てないだろうなぁ…

という雰囲気が微妙に流れておりまして、

テレビなどでは以前と比べて
積極的にワールドカップに関して報道していなかったのですが、

今回の勝利に日本国民は大興奮!
(開始数分でコロンビアの選手がレッドカードで退場という
事こそありましたが)

テレビでも手のひら返しの如く
ワールドカップ一色なムードとなっております。

スポンサードリンク


その中でも

大迫半端ないって!

というキーワードやフレーズがもう何といいますか、
マジで半端ないくらいにいたる所で溢れかえっておりまして、

ネットを見ても大迫半端ない
テレビを観ても大迫半端ない
学校に行っても大迫半端ない
会社に行っても大迫半端ない

何が半端ないって大迫半端ないが一番半端ないという
半端ない事態となっております笑

スポンサードリンク


まず「大迫半端ないって」は2008年第87回高校サッカー選手権の準々決勝で敗北した滝川第二高校のキャプテン中西隆裕が発言した名言です。

対戦していたのは、まさに現在んお日本代表のエース・大迫勇也率いる鹿児島城西高校。

そのときの大迫勇也の凄さを試合終了後のロッカールームで語ったときに、発したのが、「大迫半端ないって」なんです。

これには続きがあって

「大迫 、ハンパないって!!フルバージョン」ご覧下さい。

Twitter版はこちら!

 

日本テレビの高校サッカーの番組のエンディングで流れた一瞬の映像ですが、10年たっても語り継ぐ伝説となっています。

それほど大迫勇也が半端ないってことなんでしょうね。

ちなみに解説は元日本代表の武田修宏でした。

スポンサードリンク


中西選手のその後は・・・

関西大学に進学してサッカー部に入ってからも、中西隆裕さんは「大迫半端ないって」の人として有名だったそうで、先輩などから「俺の名前に変えて言ってよ」と茶化されることもあったようです。

大学でもサッカーに打ち込んでゆくゆくはプロを目指していた中西隆裕さんでしたが、関西大学のレベルは非常に高く、サッカー部を辞めるまでの3年間出場機会に恵まれなかったそうです。

中西隆裕さんはサッカーに関しては悔しい思い出しかないとインタビューで語っており、大学3年生の頃にプロサッカー選手になることを諦めて就職活動に切り替えたということです。

そして中西隆裕さんは関西大学卒業後は大手銀行の三井住友銀行に就職したと言われています。

中西選手もこんな日がくるとは思ってもみなかった事でしょう。

 

おわり

 

 

スポンサードリンク


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です