スポンサードリンク



警官が警官を射殺したという報道から数時間、犯人が逮捕されました。今年1月に交番に配属されたばかりの19歳、大西智博巡査です。なぜ?動機は?いったい何がおこったのか・・謎だらけです。。滋賀県彦根署、河瀬駅前交番、人通りの多い交番でおこなった犯行は、あまりにも突発的な犯行に思えてなりません。

スポンサードリンク



大西巡査の顔画像

井本光巡査部長(41)が頭と背中あわせて2発撃たれ倒れているのが見つかった。井本巡査部長は搬送先の病院で死亡が確認された。
午前1時35分に隣町の愛荘町で身柄を確保した。

犯行日時:4月11日午後8時50分頃
容疑者:12日未明、隣町で容疑者の身柄を確保し、住民たちの不安は解消されたが、容疑者の動機というのが周囲を呆れさせているようだ。その殺害動機というのが、上司である巡査部長に罵倒されたから、射殺したと証言しているのだ。

あまりにも幼稚で身勝手な動機である。

警察官のモラルの低下が叫ばれる昨今、市民を守るための拳銃で同僚の警察官を射殺し、市民の安全をパトロールするパトカーで逃走するなど有り得ない話である。

滋賀県警上層部の責任を問うべきである。
被害者:井本光巡査部長(41歳)
場所:彦根署 河瀬駅前交番

まだ、大西容疑者は未成年です。

昨年4月に採用されたばかりで、今年1月に彦根署に配属されております。

社会に出たばかりで理不尽な事をもしかしたら言われたのかもしれませんね。

2発を井本さんの背後と頭部に向けて発砲しております。

頭部に向けて発砲しているとのことなので、強い殺意を感じます。

12日未明、隣町で容疑者の身柄を確保し、住民たちの不安は解消された。

容疑者の動機というのが周囲を呆れさせているようだ。その殺害動機というのが、上司である巡査部長に罵倒されたから、射殺したと証言しているのだ。

あまりにも幼稚で身勝手な動機である。

警察官のモラルの低下が叫ばれる昨今、市民を守るための拳銃で同僚の警察官を射殺し、市民の安全をパトロールするパトカーで逃走するなど有り得ない話である。

滋賀県警上層部の責任を問うべきである。

それが、突発的に起きたものなのか

日頃から井本さんへ何かしらの不満を持っていての犯行かは分かりませんが前代未聞の事件です。

スポンサードリンク



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です