スポンサードリンク


戸田恵梨香、ムロツヨシ、「TOKIO」松岡昌宏らの共演で若年性アルツハイマーの女医と売れない小説家のラブストーリーを描く「大恋愛~僕を忘れる君と」の2話が10月19日放送。SNSには「3回も泣いた」「2話も大号泣」など感動の声が溢れ続けている。

本作は戸田さんが若年性アルツハイマーに侵される女医・北澤尚を、ムロさんが彼女を明るくけなげに支え続ける元小説家の間宮真司を、尚の元婚約者ながら主治医として彼女を支える井原侑市役の松岡昌宏をそれぞれ演じる。3人を取り巻く登場人物として「サンドウィッチマン」富澤たけし、杉野遥亮、黒川智花、草刈民代、夏樹陽子らも出演する。

スポンサードリンク


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
事故に遭った尚のMRI画像を見た侑市は彼女にアルツハイマーの前段階である軽度認知障害の兆候があることに気付き、尚に連絡。翌朝病院で2人は話し合うことになった。婚約解消の件について話すつもりだった尚に侑市は、彼女が軽度認知障害の可能性を告げる。そして物忘れ検査を受けるのだが、直は最初の質問が思い出せない。その頃、尚の母・薫(草刈さん)は一人で真司のアパートを訪ね、「娘と別れてほしい」と真司に手切れ金100万の入った封筒を手渡す。

尚は真司と食事に行き「やっぱり結婚する。私は気まぐれなの」とわざと嫌な女を演じて別れを告げるが、真司はバイト先で2人が婚約破棄したことを知る。一方、検査の結果、尚は正式に軽度認知障害だと診断される。不安と悲しみのなか尚は1人、真司と飲んだ居酒屋で酒を飲むのだが、その後、再び自分の居場所がどこかわからなくなってしまう。混乱のなか尚が助けを求めたのは真司だった。病気のことを告白する尚に真司は「俺は尚がどんな病気でも支える」と約束する…というのが2話のストーリー。

今回は診断が下され絶望と不安に襲われる尚を優しく支えようとする真司に感動する視聴者が続出。「ムロツヨシ、最高か!」「ムロツヨシすごくいい」「ムロに泣かされる日が来るとは」などのツイートがSNSに上がる。

スポンサードリンク


まだ2話だと言うのに、最終回みたいに引き込まれてしまった。
もう、これが最終回でも良い!←良くないぞ!

病気の戸田恵梨香をまるごと受け止めるムロツヨシもエエよねぇ。
これはムロツヨシの容姿がかっこ良すぎないとこがまた良いのよね。
最後の「歯周病」は、ムロツヨシのアドリブだったのかなぁ?

自分が当事者なら、こんなふうにできない。
自分が病気だと知ったら、当たり散らすかもなぁ。
病気になっても、人に優しくできる尚はすごい。
医者としても素晴らしい人格者なんだろう。

これぞ「高嶺の花」との恋愛なんじゃないか?
”大恋愛”が始まったな~。

第三話も楽しみだわ。

スポンサードリンク


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です