スポンサードリンク



現在公開中の映画「名探偵コナン ゼロの執行人」のED後、2019年のGWに公開される「劇場版名探偵コナン」が予告され、怪盗キッドが登場することが判明しました。

スポンサードリンク



ここからは劇場版名探偵コナン「ゼロの執行人」のネタバレをしていきたいと思います。

ストーリー展開のネタバレ

告知PVの通り、小五郎が東京サミット会場爆破の容疑で逮捕されるところから物語はスタート。
当然小五郎は無実で、事故ではなく事件としてこの件を処理するためにすべて安室が仕組んだことでした。
このときの風見を見ていると、公安の闇というか汚さというものを見せられている感じがしました。
これに対し、ポアロの前で安室に「なんでこんなことするんだ!」と言い放つコナン。
このとき、安室は自身の正義のため、僕の日本を守るためにやむを得ないみたいなことを言うわけですが、その真意は後の展開で明かされました。
「今度の安室さんは敵かもしれない」から感じられる安室の強敵感ハンパないですね。
それでも、シルバーブレットこと江戸川コナンはその一歩上を往くキャラだと信じて今後の展開に期待していました。

中盤は、小五郎の裁判の弁護人として橘が、検事として日下部がそれぞれ登場したり、公安に関する話が掘り下げられたり、警視庁内での会議の様子が描かれたり、敵としてコナンに立ちはだかる安室が描かれたり、といった感じでしたね。
ぶっちゃけ、ややこしい公安の話を理解するのに苦労しましたし、登場人物の人間関係を整理するのもなんとなくでしかできませんでした。
警視庁、警察庁、検察庁それぞれに公安部が存在することは初めて知りましたが、その力関係の話は完全に置いて行かれました。
要は、話が難しかった。

警視庁内での会議では、目暮、高木、佐藤、千葉、白鳥といったいつものメンツに加え、風見やRUM候補の一人である黒田の姿も。
さらにさらに、喋りはしなかったものの画面右側に小田切の姿までも見受けられ、なんだか嬉しくなりました。
小五郎を一生懸命庇おうとする目暮警部と公安の名を汚されないために必死な風見の小さな争いみたいな感じでしたね。
「純黒の悪夢」でもそうでしたが、相変わらず仲が悪いご様子でした。

風見に盗聴器を仕掛けコナンが反撃を試みるも安室に見抜かれてしまうシーンや小五郎に差し入れと言いつつコナンに嫌味を言いに来たシーンは敵キャラ安室の憎たらしさが滲み出ていました。
この憎たらしさは探偵としての顔、組織の一員としての顔を持つ彼にはお似合いですよね。

スポンサードリンク



橋の上で雨が降り注ぐ中、コナンと風見が対峙するシーンはとても良かったですね。
ゼロに所属する安室に振り回され恐怖心すら抱いていた風見が、コナンを見る目が変わりつつあるのが読み取れる感じがたまりませんでした。
「人殺しの安室」が犯人の動機につながるとは思っていなかったです。

爆破がIOTテロによるものだと判明し、事故の可能性が消えたことにより小五郎は解放されました。
被疑者として仕立てた小五郎にちゃんと逃げ道を用意していたことは天晴れでしたし、公安としての違法行為は自らの手でケリをつけなければならない、という安室の正義がうっすらと見えた瞬間でしたね。

そこからは話の方向がIOTテロの犯人探しに移行。
話を整理するのに必死で、犯人が明かされるまでその動機も分かりませんでしたが、簡潔に言うと「公安警察への復讐」でした。
コナンが真実に辿り着いた時の演出がかなり凝っていて劇場版らしさがありましたが、そのとき僕にはさっぱりでしたね。

クライマックスでは、コナンと安室が協力してサミット会場にあるカジノタワーに墜ちる人工衛星のカプセルの軌道を反らす、というミッションを見事コンプリート。
そんなヤバい状況下でコナンの「前から聞きたかったんだけど安室さんって彼女いるの?」という質問には笑いました。
前から聞きたかったんやなって笑
そしてそれに対して、「僕の恋人、それはこの国さ」と答えた安室。
これが公安警察・降谷零「ゼロ」という男なんだと改めて彼の自国愛を思い知らされましたね。

ラストシーンでは、コナンがまだ解けていなかった謎「なんで小五郎のおっちゃんを被疑者に仕立て上げたの?」を安室に投げかけました。
そしてそれに対する安室の答えが「君に本気を出させるため」でした。
今までの劇場版でも常にコナンは本気を出してきましたが、今作は安室によってコナンの本気を“引き出された”ということ。
たとえ、違法行為に手を染め悪になってでも。
安室が認める二人の人物のうちの一人がコナンだと今作中で明かされましたが、コナンの本気の力を借りるために、安室は憎まれ役になってでも自らの正義を全うしようとしていたことが分かったオチには痺れました。
真実を追求するコナンと正義を全うする安室、お互い背を向け主題歌が流れる、ラストシーンは完璧だったと思います。

スポンサードリンク



映画を鑑賞した感想

とにかく安室メインの安室がかっこよすぎる作品!

今作にもアクションシーンは少しあるのですが、ほぼ安室がメインでした。

コナンが終盤で安室に、「ところで安室さんは彼女いるの?」と聞くのですが、それに対し安室は「この国だよ」と言いました。

見ていない人は分からないかもしれませんが、あのシーンは反則級にかっこよかったです。

映画が終わり、スクリーンの外に出ると周りのみんな安室の話で持ちきりでした。

アニメの伏線も回収されていく場面も多々ありました。

話は後半に進むにつれ、少しずつややこしくなっていきます。

が、これぐらいが今年20歳になる私にとっては丁度良かったです。

あまり単純で簡単すぎない所が大人にも愛される理由の一つですよね。

減点ポイントとしては、もう少しコナン本人のアクション要素を取り入れてほしかったと思いました。

あと気になる点は、毛利小五郎を犯人に仕立て上げる意味はあったのかなと。

安室がコナンに犯人を捜してもらうためにやったことですが、そんなことしなくてもコナンに協力をお願いすれば喜んでしてくれると思いもした。

コナンに知られてはいけないという理由があるのならまた話は別なのですが、最後に安室自身がコナンに言っていましたしね。

そして名探偵コナン2019年はキッド映画に決定しています。
「来年はGWに夜空の船でお会いしましょう」と告知。

てことで来年は怪盗キッドがメインの映画になるそうです.。゚+.(・∀・)゚+.゚
どんな展開になるのか今から楽しみです!

スポンサードリンク



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です