スポンサードリンク

映画『ドラゴンボール超』の正式タイトルが決定しました。

同時にポスタービジュアルが公開されました。

スポンサードリンク


劇場版アニメ『ドラゴンボール』の20作目となる同作。正式タイトルは『ドラゴンボール超 ブロリー』となる。ポスタービジュアルには悟空、ベジータに加えて、これまでも劇場版に登場してきた「伝説の超サイヤ人」ブロリーが描かれており、劇中にも登場することが明らかになった。

ブロリーは原作では描かれていないが、1993年の『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』、1994年の『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』に登場。さらに1994年の『ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ』ではブロリーのクローンであるバイオブロリーが描かれていた。

ブロリーの強さは、とにかく計り知れない!と言った方がいいでしょう。

なんたって制作サイドがブロリーを登場させた後「彼以上に強い敵が考えられなかった」と言い、彼を3度も(クローンにしてまで)登場させていることから、もはや私たちの想像を超えた強さという事がうかがえます。
ブロリーが登場した作品の脚本を書いた小山高生氏ですら「ブロリー以上に強いやつは世界に存在しない」「スキを作った時に倒すしかない相手」と言っているほど。

生まれた時から戦闘力が10000を超え、子ども時代にはビルを跡形もなくエネルギー弾で破壊したことも。

『ドラゴンボール超 ブロリー』では、『ドラゴンボール超』の世界観で描かれたブロリーが悟空の前に立ちはだかるという。鳥山明によるコメント公開された。7月20日からは全国劇場窓口で第1弾プレゼント付前売券の発売が開始。今回の特典は鳥山明自身がデザインした防寒服仕様の悟空とベジータの「超神チェンジストラップ」で、全国で合計5万個限定となる。

スポンサードリンク

鳥山明のコメント

みなさん、ブロリーって知っていますか?

昔のアニメ映画にだけ登場した、とんでもなく強いサイヤ人で
デザインだけは僕が描いたらしいのですが、当時、アニメには
ほとんどノータッチでしたので内容はすっかり忘れていました。

そのブロリーですが、いまだに日本だけでなく海外でも大人気だそうで、
そんなことから「今度の映画はブロリーにしませんか?」と担当さんから提案されました。

当時の映画を観させてもらって、アレンジ次第では、かなりおもしろくなりそうだと感じ、
さっそく『ドラゴンボール超』のシリーズに組み込んで話を作ってみました。

ブロリーファンをガッカリさせないように昔のイメージを意識しつつ、
新しい一面も加えてリニューアルし、より魅力的なブロリーになったと思っています。

もちろん、すさまじい闘いを見せるだけではなく、
悟空、ベジータ、ブロリーの3人がどのような運命をたどって出会うことになるのか、
そしてそこに大きく関係してくるフリーザ軍とサイヤ人の歴史も描いており、
とてもスケールの大きな、そしてドラマチックな内容になっています。

あの最強のサイヤ人、ブロリー登場!
他にもまだまだファンの皆さんが喜ぶ内容をいっぱい盛り込んでいますので
期待して、完成までもうしばらく待っててちょ!!

スポンサードリンク
<

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です