仮想通貨取引所を通じて、投資以外に決済や寄付など自由自在

今はまだ、投資目的の人が多いけど、最近はお寿司屋さんやカフェ、家電量販店でも支払いに使えるお店が増えています。ユーザーは決済時にスマホアプリをかざすだけだから、クレジットや電子マネーなどのとの決済方法はの違いは、あまり感じないと思います。お店側はクレジットカードに比べると大幅に手数料が安くなるから、メリットが大きいのです。利用店舗はこれからも増えていくと考えられています。それから、インターネット上で資金調達するクラウドファンディングうあ諸医学の寄付は、銀行だと手数料の方が多くなってしまいます。一方、ビットコインは手数料がほとんどかからないから、たとえ100円でも無駄なく寄付ができます。

とりあえず仮想通貨取引所に口座を開設してみたい。手間がかかるの?

オンラインで登録できる。運転免許証などの身分証明書の画像をアップロードするだけ。大切なのはよい仮想通貨取引所を選ぶことです。

スポンサードリンク



仮想通貨取引所のよしあしはどこで見極めるのか??

日本では2017年4月の改正資金決済法により、事業所は金融庁への登録が義務付けられ、小規模事業者が排除されるとともに、登録業者が定期的に監査を受けることになりました。さらに登録業者は、利用者保護のため、認定資金決済事業者協会への参加も義務付けられています。だから、金融庁に登録されているかどうかはひとつの目安になります。
しかし仮想通貨は基本的には自己責任。オンラインではメールアドレスやパスワードの漏えい、なりすましによる盗難などのリスクがあります。セキュリティのしっかりした仮想通貨取引所も大前提です。ほどんどの仮想通貨取引所は、パソコンとスマホなどとの二段階認証を導入し、不正防止に努めています。

スマホで仮想通貨取引所に登録

仮想通貨に口座を開く際は、ホームページにアクセスし、メールアドレスを入力します。アカウント作成ボタンを押すと、登録用のURLが送られてくるので、メールアドレスと初回パスワードなどを入力します。
ログインしたらマイページなどから個人情報を登録。登録時に取得したアカウント、メールアドレス、氏名、生年月日、住所などを入力します。運転免許書やパスポートなどの顔写真付きの身分証明書をアップロード。
登録した住所氏名が、身分証明書のものと一致していることを確認して下さい。

後日、簡易書留で本人確認書類が送られてくるので、受領すれば口座開設は完了です。
自分の名義の銀行口座を登録して連携すれば、口座から日本円を入金し、ビットコインを取引、売却資金を口座に入金することもできます。
Facebookなどのアカウントでも登録することが出来ますが、パスワードの使い回しには注意が必要です。二段階認証も必須です。スマートフォンと連携したメールアドレスなどで二段階認証が出来るように設定をしましょう!

オンライン上で簡単に登録できる
仮想通貨取引所のホームページから個人情報を登録し、口座を開設すれば取引を始められます。

ステップ1
仮想通貨取引所にアクセス。アカウントを取得
インターネット上の仮想通貨取引所にアクセスし、メールアドレス、パスワードを登録。
取引所にログインするための権利(アカウント)を作成。
取引所にメールアドレスを登録するとURLが送られてくるので、アクセスしパスワードを登録する。

ステップ2
マイページで個人情報を登録
マイページなどにアクセスし、住所、電話番号などの基本的な個人情報を登録する。

アカウント情報
・ID
・メールアドレス

基本情報
・氏名とふりがな
・生年月日
・郵便番号
・住所

ステップ3
本人確認書類をアップロード
本人確認のための書類をアップロード。
氏名部分と住所記載部分、及び写真の入った画像が必要。

ステップ4
本人確認書類を受け取り、手続き終了
本人確認書類の審査完了後、書留にて郵便物が送付される。
郵便物を受け取ると、本人確認が終了し、取引が開始できる。

では、早速取引を開始してきましょう!

スポンサードリンク



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です