ビットコインで取引するためには仮想通貨取引所に口座を開き、元気を預け、換金しなければならないのです。

 

一般の人がビットコインを手に入れるには、インターネット上にある仮想通貨取引所に口座を開いて入金し、そのお金でビットコインを買います。

仮想通貨取引所では、銀行のように台帳を管理していません。取引手数料が安く、相手が国外でも送金時間が短いというメリットがあります。

購入後のコインは、「ウォレット」という在府に保管します。ウォレットは何種類もありますが、大別してネットに接続するホットウォレットと、接続しないコールドウォレットがあります。

仮想通貨専用の財布で、秘密鍵(パスワード)を保存し仮想通貨を保存します

現金を預けてビットコインを購入。
仮想通貨取引所で口座を開き、現金を預け、ビットコインと換金。もしくはクレジットカードなどで購入もできます。
日本の場合は、取引所を介してアドレスを取得。通貨のやりとりするのが一般的です。

 

スポンサードリンク



 

●アドレスと秘密鍵でやりとりする

ウォレットにはパスワードにあたる秘密鍵(シークレットキー)が付いています。
取引時にはその都度、公開鍵から作成された口座番号に当たるアドレスが与えられます。英数字の羅列で個人情報はすぐに特定されませんが、公開鍵(口座番号)と秘密鍵(パスワード)は対になっているため、秘密鍵を他人に見られるとコインが盗まれる可能性があります。
送金直後は、両者のウォレットに「未承認」と表示されます。取引確定には「マイニング」が必要で約10分かかります。

●検証と承認はマイナーが行う

ビットコインは個人と個人がダイレクトに繋がるため、仲介者はいません。
取引を管理するのは、ネットワーク上の全参加者です。取引が行われると、その取引は瞬時にネットワーク上に公開され、参加者すべてが見られるようになります。重複支払いはないかなど、過去のデータと照らし合わせて取引を検証し、問題がなければ電子台帳に新たな取引として記録します。この一連の作業をマイニングと呼び、作業に当たるのがマイナーと呼ばれる人たちです。マイナーが実質的な維持管理者なのです。マイニングとは金山の採掘に例えて付けられたそうです。

マイニングの作業①
取引データの書き込み
ブロックチェーンという技術を利用した取引データベース、電子台帳に検証を終えた取引データを書き込んで、それまでのデータを連結させます。

マイニング作業②
取引の検証
ネットワーク上に取引データが公開されると、「本人が送金しているのか」「途中で取引データが改ざんされていないか」「残高を二重使用していないか」を検証する。

●マイニング後、表示が承認になる

マイニングには約10分かかります。最初の送金相手には「未実施」として表示されます。マイナーによる承認作業が終了すると「承認」に変わります。マイニングを行ったマイナーには、報酬として新規発行したコインが支払われます。

 

スポンサードリンク



 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です