ビットコインはインターネット上でだけでやりとりできる仮想通貨のひとつ。

  • ビットコインは最初の仮想通貨
    ビットコインは、サトシ・ナカモトという人物がインターネット上で発表した論文を元に作られた最初の仮想通貨です。
  • 仮想通貨は800以上のある
    仮想通貨は800種類以上あり、これからもどんどん作られていく。
    その多くが、ビットコインの中枢技術であるブロックチェーンを利用したもの。

国や銀行が関与する円やドルとは違う
ビットコインはコンピューターのプログラミングに沿って自動的に生み出されていく。

 

 

スポンサードリンク



 

ビットコインには管理者がいない
ビットコインの中核技術であるブロックチェーンによって、ビットコインの全取引データを、衆人環視のもとで永遠に記録することができる。
ブロックチェーンは分散型の台帳型の台帳管理システムとも言われていて、このしくみ自体が信用に値する。

  • 法定通貨(円やドル)なら、送金したりするときに取引データを銀行が管理する台帳に書き込まなければならない。
    銀行が取引データを台帳に書き込み、管理するのが今の銀行のしくみ。
  • ビットコインの取引では、ネットワークの参加者全員が電子台帳のデータを持って、管理する。
    電子台帳は誰でも見ることができ、それ故誰でも改ざん出来ない。つまり不正ができない。
  • 法定通貨(円やドルは)は管理者がいる中央集権型で、ビットコインは非中央集権型。
    管理者がいないから、送金・決済時の手数料もほとんどかからない。

参加者全員で管理
ビットコインのネットワーク上には、維持管理に貢献するマイナー(採掘者)と呼ばれている人たちがいる。
取引データに不正がないかどうか検証したり、取引データをブロックに書き込んだりしていくマイニングという仕事をしていく人たちです。

マイニングが完了するとその取引が承認される。
これらの内容はすべてネットワーク上で公開されていて、ネットワーク上の参加者で監視できる状態にある。

  1. 仮想通貨取引所を通じて取引
    マイニングで維持管理に貢献した人には、新しく発行されるコインが送られる。マイニングでは大量の計算をしなくてはいけないから、高性能のコンピューターがと大量の電気が必要です。
    現在は中国企業が中心だが、日本の企業も参加し始めている。
    仮想通貨は、仮想通貨取引所というところに口座を開設し、円やドルなどを入金すれば仮想通貨を売り買いできるようになります。

 

 

スポンサードリンク



 

 

仮想通貨の発案者は誰?
2008年、サトシ・ナカモトという人物がネット上にビットコインとブロックチェーンに関する論文を発表しました。
日本名だけど、正体は不明でした。サトシ・ナカモトがビットコインのアイデアを「P2P電子マネーシステム」という論文にしてインターネット上で公開。複数の人物の合作による論文ではないかとも言われている。そして一部のプログラマーが論文を基にシステムを構築しました。その時にビットコインの開発に関わったプログラマー達が、現在はコア開発者としてビットコインの運用に関与している。そうしてみんなで作り出し、みんなで運用し始めたのがビットコインのはじまりです。ビットコインの面白さは、既存の中央集権を否定し、個人間での取引を可能にしたところにあるのです。

日本は仮想通貨許容国である。
法定通貨(円やドル)は国や銀行の信用によって通貨の価値が左右される。政情不安に陥れば、国や銀行の信用はガタ落ちする。すると通貨の価値もなくなってしまいます。
ビットコインは国も銀行も関係ない。ブロックチェーンという新技術が信用の担保となっている。ビットコインは自由で民主的なお金なのです。

インターネットが登場して、私たちの暮らしが一変しました。仮想通貨の登場で、商売そのもの、雇用と賃金のしくみなどあらゆることが変わっていく可能性があります。正しい知識を持って、仮想通貨を使っていきましょう。

 

 

スポンサードリンク



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です