スポンサードリンク



ワンピース第911話の展開予想では、ワノ国らしき島についたルフィの動きがメインになると考えられます。

そして、船は近くにあったものの仲間の姿がないので、まずは仲間との合流が優先になるかと。

果たして、ルフィは仲間と合流する事ができるのか?

その前に前回910話の振り返りです。

ワンピース第910話

タイトル「いざワノ国へ」

場面はサニー号のルフィ一行。

世界会議(レヴェリー)について載っている新聞を見て昔を思い出している。

ビビを見て目をハートにして凄い顔で喜んでいるサンジ。

そんなサンジに新聞を読んでいる邪魔をされ怒るナミ。

ドクトリーヌを見て涙を浮かべるチョッパー。

スポンサードリンク


そんなチョッパーはドクトリーヌを見てまだ生きていたのかと真顔で言うサンジに蹴りを食らわせる。

まるでトットランドでの出来事は何もなかったかのようにサンジは完全にいつもの調子に戻っている。

そしていよいよワノ国に近づく。

だが天候は荒れており簡単にたどり着けそうもない。

さらにサニー号とほとんど同じ大きさの鯉の群れがやって来る。

海なのに淡水魚がいることに驚くサンジだが、気付くとそこは海ではなく巨大な川であった。

そのまま進んでいると前方に大滝が現れる。

滝を登る鯉を利用してルフィがサニー号を滝の上まで運ぶことに成功。

だがそこにあった大きな渦に一同飲み込まれてしまう。

気付くと浜辺に打ち上げられていたルフィ。

サニー号はあるが他の仲間たちの姿はない。

そんなところへ大きな猪や刀を持った巨大ヒヒが現れる。

動物が刀を持ってるということでここがワノ国で間違いないとなぜか確信するルフィであった…

皆で一緒に上陸せずいきなりバラバラになってしまったルフィ一行。
しかしそもそもここは本当にワノ国なのだろうか?違うのなら一体どこなのか?

次週第911話へつづく!

スポンサードリンク


 

そして今週の週刊少年ジャンプは創刊50周年を記念した特別号です。

引用:「週刊少年ジャンプ」(集英社)33号表紙

ジャンプの50周年記念の表紙&目合わせただけで殴ってきそうな悟空さも面白いけど現連載陣が好きです

 

そしてワンピースは2号連続の巻頭カラーです!

巻頭カラーは買い物終えた麦わらの一味。

引用:「週刊少年ジャンプ」(集英社)33号より

以下、本編です。

ワンピース第911話

タイトル「侍の国の大冒険 」

ルフィは今に至る経緯を思い出す

渦潮に飲まれる直前、ルフィが腹を膨らませジャンプ台になるとサンジが皆を抱え大きくジャンプし船から脱出

ルフィも脱出を試みるが見捨てないでと言わんばかりにオオダコがルフィにしがみつきそのまま大渦に飲まれてしまう

麦わら帽子に仕込んでいたビブルカードもこのドサクサで紛失してしまう

狛犬らがやってきた森で一人の女の子が悪漢に捕まっている
悪の一族光月家の従者であるらしい彼女は遊郭に売られるか実刑判決を言い渡されるかのどちらかとのこと

彼等は浜辺に打ち上げられたサニー号を目撃する

船の側には彼等の用心棒である狒々が狛犬と格闘していた
電伝虫で「真打ち」に連絡を取る

不法入国の船を発見した彼等はルフィを麻酔で捕え労働力にしようと目論む

銃口を向けると同時にルフィに殴り飛ばされる男

スポンサードリンク


男たちは狛犬の対処を後回しにしてまずはルフィを倒せと狒々に指示を出す

だがルフィが一睨みしただけで狒々は怯え降伏する

このドサクサに男達に捕まっていた女の子が脱出し男を背後から棍棒で殴り気絶させる

女の子の名前はお玉

お玉は人差し指と親指で輪を作り、ほっぺたにを引っ張りきびだんごを作ると狒々に食べさせた

それまで女の子の対して獰猛だった狒々がきびだんごを食べた途端に彼女になついてしまう

便利な能力を持っているなと感心しるルフィ

お玉によると今いる場所はワノ国の九里という場所

町で買い物をしている所を狒々を連れた男達に見つかってしまう

スポンサードリンク


彼女を助けるために狛犬の狛ちよが立ち上がった

持ち物を全て奪われた彼女は「光月家が戻ってきたら覚えてろ!」と言うがその発言はワノ国にとって重罪だった

命の恩人であるルフィが腹を空かせていると知ったお玉はルフィを自分の家に案内する

家に着き彼女が振る舞ったのは茶碗一杯のごはんと漬物のみ

量が少なく少しがっかりしたルフィ

お玉はお手洗いに行くと嘘を付くと家の側にある川の水を飲み飢えをしのぐ

その時お玉の師匠である天狗が家の中に入って来た
米を食ったルフィを見て激高する天狗

お玉はもう何日もまともな食事をしていないと告げる

毎日傘を編み日銭を稼いでいたお玉、日々の食事はひえなどで凌いでいた

スポンサードリンク


それでも正月と誕生日だけは米を食べさせてやりたいと考えていた天狗は8歳の誕生日を迎えたお玉に町まで米を買いに行かせた

その米をルフィが全て食べてしまった事に憤慨する

ショックを受けるルフィの所にお玉が戻ってきて仲裁に入るが急に体調を崩し倒れてしまう

天狗によると川の水はカイドウの工場排水によって汚染されておりそれを飲んだお玉は体を悪くしてしまったとの事

もっとマシな土地に移り住むこともできるが彼女はかつてこの地にやって来たエースとの約束を守るためにこの場所にとどまり続けている

場面変わり、真打ちことバジル・ホーキンスが部下と会話をしている
通信が途絶えた九里が浜に向かう、カイドウさんにはまだ伝えるなと部下に指示するホーキンス

ルフィvsホーキンス対決必須!!

次週、第912話へつづく!

スポンサードリンク


ONE PIECE DOORS! 2 (ジャンプコミックス)絶賛発売中です!

欲しい方は下をクリック↓でamazonで簡単購入出来ますよ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です