スポンサードリンク



ワンピースネタバレ第898話のネタバレ情報です。

と、その前に前回の振り返りです。

 

ルフィが現れるのを待っているビッグマムの兵達。

サンジも身を隠しつつ待機している。


引用:週刊少年ジャンプ ワンピース第897話より

スムージー達の攻撃をしのぎサニー号がカカオ島の外に到着。

鏡の世界でペコムズがルフィとブリュレを脇に抱えて走っている。


引用:週刊少年ジャンプ ワンピース第897話より

引用:週刊少年ジャンプ ワンピース第897話より

スポンサードリンク



そして外に繋がる鏡に到着。


引用:週刊少年ジャンプ ワンピース第897話より

引用:週刊少年ジャンプ ワンピース第897話より

覚悟を決め外へと突き抜けるがその時、ペコムズがいつも掛けているサングラスが外れる。

まだ満月は続いているのでキャロットに引き続きペコムズもスーロン化!(だがオーブンの攻撃により変身は中途半端な模様)

しかもその攻撃によってペコムズに抱えられていたルフィが飛んで行ってしまう。


引用:週刊少年ジャンプ ワンピース第897話より

すかさずビッグマムの兵達はルフィに総攻撃を仕掛ける。


引用:週刊少年ジャンプ ワンピース第897話より

スポンサードリンク



だがそこへサンジがレザンの顔を蹴りそして空中でルフィをキャッチ。そのまま空中歩行で逃げようとする。


引用:週刊少年ジャンプ ワンピース第897話より

だが逃げ切る前にユーエンが二人を撃墜し地面へ落下してしまう。

ピンチになったその時、そこに現れたのはジェルマだった…!


引用:週刊少年ジャンプ ワンピース第897話より

島を取り囲んでいたビッグマム海賊団を吹き飛ばす。


引用:週刊少年ジャンプ ワンピース第897話より

そしてイチジ、ニジ、ヨンジ、レイジュの四兄弟がルフィとサンジの助っ人として上陸するのであった。


引用:週刊少年ジャンプ ワンピース第897話より

おわり

スポンサードリンク



そして、今週のネタバレです。

ワンピースネタバレ第898話

タイトル
『必ず戻る』

扉絵
新巨兵海賊団ロードが登場!

ルフィがカタクリを撃破したことをブリュレが大声で叫び、
ビッグマム海賊団は全員が衝撃を受けてる

ルフィのカタクリ撃破の報を受けて衝撃を受ける面々の中にはモンドールも含まれてる

ビッグマム海賊団がヴィンスモークたちを射撃。

ヴィンスモークらはサンジにルフィを連れて逃げるように告げる。


オーブンがヴィンスモークと対峙。
場面はモンドールへ。
モンドールとたまごは混乱状態。
ヴィンスモークがヌストルテを片付ける。

ヌストルテはビッグマムの12番目の息子

サニー付近ではダイフクがスムージーの船に到着。
麦わら一味に電伝虫着信。

カタクリが撃破されたとブリュレから聞いたオーブンは、
「カタクリ…お前の不敗伝説が…ガキに破られただと!?」と驚愕

サニーは他の場所へ移動するように指示を受ける。
カカオ島ではビッグマム海賊団がたやすく壊滅させられてる。

サンジはルフィを手に掴んで逃走中。
ブリュレは起きてる出来事に混乱中。
ジェルマの船に手助けでサンジは逃走へ。

下っ端達はルフィが卑怯な手を使ったに違いないと決めつける。
激怒したオーブンはルフィとサンジに襲いかかるが

イチジのスパーキング・ヴァルキリーというパンチによって
肉体を貫通され、阻止される

ユーエンはサンジを地面に激突させようと攻撃するが、
ヨンジのウィンチ・エクスキューション(処刑)という
怖そうな技に阻止される

ヨンジがユーエンを撃破

ニジがお前の スピードだと蜂の巣になるぞとサンジを説教し、サニー号のとこまで投げるのだった。

ルフィを手にしたサンジはスピード不足で狙撃されてしまう。
そこにニジが現れ、ヘンリー・ブレイザーという技で全ての狙撃手を撃破

最後にサンジとルフィがサニー号が見えるところまで辿り着く。
キャロットもサンジ達を視認。
サンジ「ルフィ、サニー号が見えてきたぞ!」

ついにサニー号に帰還するルフィとサンジ!
次週、第899話へ続く!

『ONE PIECE』最新88巻が絶賛発売中!!

表紙を飾るのは、ビッグ・マム海賊団からの逃走を図るルフィとその仲間たち。命からがら出航を果たしたものの、ビッグ・マムたちは手を緩めずに襲いかかってくる! そして鏡世界(ミロワールド)に一人残されたルフィと、懸賞金10億超えの怪物・カタクリの死闘が始まった…!!

[あらすじ]
3将星カタクリと激突するルフィだが、繰り出す攻撃は悉く躱され、絶対絶命!!それでも仲間の下へカタクリを行かせない為、退路を断ち全力バトルを挑むが…!?

『ONE PIECE』88巻〝獅子〟
著者:
尾田栄一郎
発売日:2018年3月2日(金)
発売元:集英社
価格:400円+税
(c)尾田栄一郎/集英社

amazonですぐお買い求めできます↓

スポンサードリンク



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です