ビットコインの信用は、プルーフオブワーク技術を基盤とするプロックチェーンによって保たれています。簡単に不正を働けないため、参加者一人一人の信用を証明する必要なありません。信用の担保が人や組織からコンピュータのシステムに移ったことを意味する画期的な出来事です。

<ビットコインの利便性と信用を支えるポイント>
取引データは改ざん不可能
・ビットコインの取引データを全て保存できるブロックチェーンは、改ざんできないようにプルーフオブワークというしくみを採用しています。

サイバー攻撃に強い
・P2P分散型システムなので、コンピュータの一部がサイバー攻撃を受けても、他のコンピュータでカバーできる。

個人対個人で取引できる
・国や銀行に信用を求め、通貨の価値を安定させるのではなく、コンピュータのシステムそのものを信用することで、個人間の直接取引が成立する

余分なコストがかからない
・ネットワーク参加者全員で台帳管理を行う。銀行やカード会社による管理は不要。送金や精算、決済時の手数料が法定通貨の4分の1程度で済みます。

スポンサードリンク



ビットコインは不正が起こらない?
ビットコインが盗まれた有名なマウントゴックス事件。2014年、当時世界最大のビットコイン取引所だったマウントゴックスが、大量のビットコインと現金の盗難にあい経営破綻した。社長が逮捕されたが、社長は無罪を主張。盗まれたのは、マウントゴックス固有の問題だった。結局、ビットコインやブロックチェーンには問題がないことが認識されたため、取引量も減らずに価格も回復した。

私たちは従来、国や銀行を信用し、管理を一任してきました。要するに取引は安心と引き換えに、管理者の支配下に置かれていたのです。

●管理者の支配から自由になる通貨

プルーオブワークを用いれば、相手の信用を問う必要もなくなるため管理者は不要。個人対個人の取引が可能となり、個人は管理者の支配から自由になれます。すべての参加者が対等で、同じ取引データを管理しています。誰かがサイバー攻撃を受けてデータが破損しても、すぐに他の参加者のデータで復旧が可能です。銀行のようにセキュリティにコストをかける必要もありません。仲介者がいないのでコストもかからず、手数料は約4分の1に削減できるのです。

ビットコインは発行以来ノンストップで運用されている。

現在仮想通貨は投機対象として注目を集める一方、危険なものとして敬遠する人も多いでしょう。
ビットコイン以外にも、新たな仮想通貨(アルトコイン)が続々と発行され、どの通貨なら安全なのか利用者が迷うのもうなずけます。ビットコインの場合は、すでに世界中の利用者によって実績が積み重ねられ、信用があります。今後仮想通貨は情報社会の重要なインフラとして存在感を高め、生活に欠かせないものとなるのです。

スポンサードリンク



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です