スポンサードリンク


今週号のチャンピオンより、刃牙シリーズの新章が始まった。なんと今週来週と5話一挙連載で一挙107ページ掲載されています。その名も「バキ道」。今度のバキは”相撲”がテーマ。そして「2代目 野見宿禰 (のみのすくね)」なる人物が登場する。
これまで数々の強敵と戦ってきた刃牙。今度の相手は、もしや神様?😳 だって相撲とは、古来「神事」であったのだから

スポンサードリンク


 

第1話相撲の神

第1話は古代のおはなし。大和に當麻蹶速という怪力無双の男がいた。どのくらい力持ちかというと、現代で空手家が牛の角を手刀で切ったりしているのと比べれば明白で、彼は握った牛の角をそのままむしりとったのだという。また、90度のかたちにかためられた金属の鉤をまっすぐにしてしまうくらいのこともできた。だが、彼の持ち味はただの怪力にあらず、名前に見えているとおり、蹴りにあった。こんな名前の人間は、現代のサッカーや格闘技の修練者にもいない。それはまあ、現代のひとはあとで名前をつけかえたりということをあまりしないから、当然といえばそうだが、なんにせよ、そのひとの印象にまず第一に出てくるものとして、彼は蹴りの速さがあったのである。どのくらいの速度であったかは、よくわからない。

蹴速がなにかえらいひとの前にあぐらをかいて座っている。ずっと身分は上の相手みたいだが、相手は蹴速の豪気を買っているようで、指摘はしてもとがめはしない。
蹴速は、人を求める。壊れない人、ということだ。あんまり強すぎて、ふつうの人間では相手にならないから、えらいひとに頼んで、相手を探しているのだ。もしその相手にじぶんが壊されたら、そのものに領地をすべてゆずると。

えらいひとはさらにえらいひとたちの集まりみたいなところでそのはなしをする。とはいえ、蹴速の剛力は比類なく、相手など浮かんでもこない。どうしたものかというところへ、出雲のものがひとり声をあげる。ひとりいると。それが野見宿禰なのだ。

すぐに試合の日になる。剛力において並ぶものなし、もしいるのであれば会いたい、こういう蹴速の提案はかわらない。そうして、その場所に、野見宿禰が到着するのであった。

ふたりともフォルム的にはずんぐりむっくりだが、筋肉の密度はすさまじい。が、蹴速のほうが腹筋の割れ目が見えているのに比べて、宿禰はわりとお腹が出ていて、いまのお相撲さんに近い体型かもしれない

スポンサードリンク


第2話/両者相踏み

当麻蹴速と野見宿禰が対面する。
日本書紀に描かれた神話的一戦である。
このたたかいは、こんにちの大相撲につながる最初の「角力」として知られているが、もちろん、ルールは相撲とはぜんぜんちがう。土俵はないし、行司はないし、当然、膝や手をついたら負けということもない。戦闘不能をもって勝敗を決するのである。使用される技も、拳も蹴りもつかみもマウントも、なんでもあり、禁止されていることなどひとつもないのである。ただ力持ちを向かい合わせて、はじめ、というだけなのだ。

(――とか云ってるうちに

開始(はじ)まっちまった)

これは、刃牙道のある意味伝説の最終回、登場人物がひとりも登場せず、作者が希望を述べただけで終わったあの回と同質の語り口である。「開始(はじ)まっちまった」とあわてているのは誰なのか問題だ。このぶぶんに限らず、「バキ道」ではどうやら作者はもう姿を隠さないつもりでいるらしいことが各所から伝わってくる。

文献によると、試合開始は「両者相踏み」ということになっているらしい。文献とは日本書紀なのだろうか。ちょっとそのうち見ておいたほうがいいかもな・・・。ただ、作中では具体的な作品名はひとつも出てこない。このことは覚えておいたほうがいいだろう。
相踏みとは、どうやら蹴り合いのことらしい。この時代に、足の甲をつかった廻し蹴りのようなものがあったかどうかわからないが、蹴りではなく踏みである以上、かかとや中足をつかった蹴りだったのだろう。現代ではこの両者のようなタイプでは手技の応酬になりがちなので、それだけでも新鮮である。ボブ・サップとかがミドルキックとか蹴ってるの見たことないもんね。
もちろんそれだけではなく、拳や掴みによる攻撃も重ねられていったようだ。だがやがて宿禰の横蹴りのような足が、蹴り自慢の蹴速の腹をとらえ、肋骨を砕いてしまった。丸くなる蹴速の顔を張って打ち倒したところで、宿禰が足を高く上げる。これがこんにちの「四股」の起源であるかどうかはわからないが、こうして描かれる動作はまぎれもなく四股なのである。
そうして、殺人的なスタンプで蹴速の腰骨は砕かれた。要するに背骨のことみたい。蹴速はこの瞬間に絶命、勝負はついた。

この野見宿禰が初代であり、2代目誕生が現代に誕生した、というのが、バキ道である。

スポンサードリンク


第3話/チャレンジマッチ

神話のおはなしは終わって、いきない現代の、それもずいぶん俗っぽい雰囲気のイベントである。クライミングのチャンピオンに力自慢の素人たちがボルダリングで挑む、という趣向だ。このスーツを着ているチャンピオンのひとは、あれかな、きっとあのCMのひとだよね。

10メートルちょっとくらいの大きな壁に、点々と岩が突き出ている。力ももちろんだが、身軽さや運動神経も大事な要素なので、挑戦者はわりと小柄っぽいイレズミの男だ。
挑戦者はもう半分くらいにまで到達してしまっているのに、チャンピオンはまだ地面にいる。難しい位置・角度の岩とかはなく、ただタイムを競うという競技のようだ。つまり、素人でもゴールすることだけはできるようになっているのである。だが速くはない。だいたい、この手のイベントでは、そのテクニックを理解してもらうことが難しいので、計量できるしかたで競わないと、素人にはよくわからなくなってしまうのだ。手っ取り早いのがタイムなのである。

挑戦者が残り3メートルというところで、チャンピオンは悠然と最初のホールドに手を伸ばす。足では岩を蹴り、スピードを殺すことなく、テンポよくあがっていくのである。こういうひとはたぶん、見上げただけで、動線というか、どうやって上がっていけば最速になるかが一瞬で見えてしまうんだろうな。
いちばんうえのところにはパネルがあって、それを押せばゴールだ。挑戦者はもう目の前にまできていた。だが、あっけにとられている彼の横を一瞬で通り過ぎ、チャンピオンはあっさり勝ってしまうのだった。

そこでもうひとりチャレンジャーの登場。われらが範馬刃牙である。横には光成がいる。なんでこんなところにいるのかというと、この勝負に勝ったら二代目スクネを紹介してもらう、という約束をしているようだ。
バキは背が低いし、着やせするタイプだが、落下に備えたハーネスを装着することで服が少し絞られたせいか、観衆や実況もバキのガタイが非常にいいことに気がつく。期待できるかもしれないと、それなりに盛り上がるのだった。バキも地下ではチャンピオンだからね。

跳躍に備えてバキが前傾する。開始の合図とともに、バキはあたまの高さくらいのホールドを蹴って3メートル強くらいの位置に手が届こうとしている。チャンピオンも即座に対応し、待たずにスタート。わずかの差ではあったが、バキが勝利してしまうのだった。でもこれ、チャンピオンがちゃんとスタートと同時に動いてたら、かなりいい勝負だったんじゃないかな。

王者スコット・ハリスはわりと大人だ。苦笑いをしながらすぐにバキにリベンジを申し込んだりしている。だが、彼は汗だくだが、バキは息すら乱していない。いい勝負に見えたのはバキが空気を読んだせいなのかもな。「ちゃんとスタートしていたら互角くらいだった」とみんながおもうように。

だが、その場にいたあるものが、さらに挑戦を申し込む。ニット帽をかぶった巨漢なのであった。

スポンサードリンク


第4話/巨大(おお)きい挑戦者(チャレンジャー)

どう考えても宿禰にちがいない大男がボルダリングチャレンジに名乗りをあげる。光成は、彼がなにもので、ここにきていたことを知っていたようだ。わかっていて、バキにそんな提案をしたのだろう。

司会みたいなひとが男に話しかける。身長は2メートルを超えていて、体重はあんまり量ったことないと。
特に今回の試合はタイムを競うものであるから、いかにも彼には不向きっぽいが、表情は落ち着いている。
係員がハーネスをつけようとすると、彼はそれを断る。つけないと挑戦できない決まりなのだが、彼は係員に背を向けて壁に向かってしまう。

まずはチャンピオンと同じように、手の届くところにあるホールドをつかむ。すさまじい前腕の太さだ。武蔵も手首が太かったが、上腕と同じくらいの太さが手首からずっと続いているような腕だ。
そこを起点にして、多少の跳躍もしているだろうが、じぶんのからだを真上に放り投げるようにしてスタートだ。方向の微調整的な意味だろうか、ちょっとほかのホールドを蹴っているようでもある。次の左手の動作も同様である。あっという間にパネルのすぐ下に到達した。次の岩を、彼は小指と薬指でつかんでいる。角度的な問題だろうか。そこで、彼はパネルの前を通り過ぎて、天上にぶつかってしまうのだった。
そこから巨体が落下。ハーネスがないからまっすぐ落ちてくる。10メートルの高さだが、しかし彼はふわっと静かに着地する。足のバネが、落下の衝撃を吸収してしまったのだ。
彼は、二歩でいけるとおもったのだが、などといっている。ホールドのことをいっているなら、二歩ではまだぎりぎり届いていなかった。三つ目の跳躍で行き過ぎてしまった感じである。
その彼にバキが話しかける。完全に「野見さんだ」と。

スポンサードリンク


第5話/力士

そもそもこの企画はチャンピオンに挑戦するものだったとおもうのだが、チャンピオンなしでいきなりはじめて天井ぶっこわして着地するつわものがあらわれた。バキは彼を野見宿禰だと確信する。

なぜそうおもうのか、なぜわかったのかと、宿禰は丁寧な口調で問う。荒くれ者の名前を継いではいても、神事に携わるものとして、礼儀はできているのかもしれない。
バキは、動きがスモウだったという。指を岩に引っ掛け、その瞬間に引き寄せて放り投げる。たしかに、いわれてみるとこれはスモウの動作によく似ているのだ。しかしそれは競技がスモウ的ということであって、そうなるとチャンピオンもお相撲さんということになってしまうが。

それを理解したバキも「力士」だと、宿禰は指摘する。もちろん、こんなに小さな職業関取はいない。だが、今回の1話2話で描かれた神話のたたかいを「スモウ」とするのであれば、じぶんもたしかに力士なのかもしれないと、バキはうまくじぶんのありようを説明する。

よくあるパターンだ。バキは、見せてよ、という。神を守護(まも)る立場であるゆえん、その強さを、見せてくれないかと。
宿禰はまず手をうつ。すごく大きな音みたいだ。そして、スモウの立会いみたいな超前傾の構えになる。というかこれはじっさいスモウの立会いのあれのようだ。
そして宿禰が発射、気合とともになにかと組むような動きをする。このとき、なにかに衝突するような「ドン」という音を、その場にいる全員が耳にした。相撲取りを眼前に想定したリアルシャドー、「一人相撲」なのである。調べてみたら、じっさいそういう神事がある、というか、それが語源らしい。

宿禰がバキのほうをみる。その向こうには、やがて大銀杏が見え始めるのである。バキだけではない、誰もが、そこにもうひとりお相撲さんがいるのを目撃したのだ。

宿禰は気合とともに相手を放り投げる。相手はどうやら現役の横綱だったようだ。そこまで、観衆は感じ取っている。見たところ相撲に通じているタイプではない。つまり、取り組みのしかたでそれを理解したという感じではないのだ。ということは、彼らは顔を見たのである。

リアルシャドーはバキだってやっている。ただ、打撃のシャドーと組んで行うシャドーでは、ずいぶん勝手がちがうだろう。バキは「一人相撲」ではないという。じっさいの立ち合いだ。宿禰は落ち着いたまま、横綱は四股が少し足りない、などと評するのであった。

次週へつづく!
次回も100ページ超えの掲載予定!

前作を読みたい方はAmazonで大人買いしてみては?

スポンサードリンク


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です