スポンサードリンク



昨日放送された「アメトーーク!」で家電芸人土田さんが紹介された、耳元でテレビ音声や音楽を楽しめる、肩載せスピーカー『SRS-WS1』が再注目されています!!

マンション住まいなど普段から大音量に出来ないって方にも、小音量で迫力のある音を楽しめ、ヘッドホンのように耳を塞がれていることもないので、声をかけられても会話は可能。ワイヤレスならではの、使い勝手の良さで、台所で水周りの仕事をしながら、テレビの音を聞くことも出来ちゃいます。

ブルブルと振動機能も用意されているので、特にPS4などでゲームする時はコントローラーの振動機能も加わるから、部分的ではありますが、ボディソニック状態!!これはだから、臨場感がスゴイ!

それではウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」のレビューをお届けします。

スポンサードリンク



商品の付属品は以下の通りです。

充電台
7.6cm×4.5cmで厚み約1.7cmと極端に小さいです。
充電台はマグネットになっていてネックスピーカーを近づけると接点にピタリと収まります。
ネックスピーカー本体の左内側のマイクロUSBジャックに直接マイクロUSBケーブルで充電も可能です。

 

電源ランプ
充電中は充電台のランプがオレンジ色に点灯し(写真は上から撮っていますのでオレンジランプは見えません)、スピーカーの電源ランプがゆっくりと点滅します。
充電時間は約3時間で連続使用時間は約7時間です。
充電が終わると、電源ランプと充電台のランプが消灯します。
スピーカーの電源ランプの色は、電池残量に応じて変化します。
緑色:約4時間以上
黄色:約2時間~ 4時間
赤色:約2時間以下

 

ネックスピーカー内側(右)
電源ボタンとバイブレーションの強度(3段階)切換ボタンが付いています。
「マークのボタン」は盛り上がっていて指で触れると感覚ですぐにどちらのボタンかを認識出来ます。ちなみに内側の生地は素肌に触れても不快感がない肌触りの良い、しかも かなり丈夫な生地になっています。
電源ボタンは「ON」ですぐに反応、「OFF」では 間違って触れて押されてもスグに切れないよう長押し(約1~2秒)で反応と よく考えられています。

 

ネックスピーカー内側(左)
ボリュームの「プラス 」「マイナス」のボタンと「マイクロUSB」ジャックがあります。
「マイクロUSB」ジャックは本体同梱の「専用オーディオケーブル」でヘッドホンジャックに接続して使用できます。
ただし、ケーブルの長さが1.5m強なので、もしテレビに直接 接続すると、かなり近くで見ることになります。

スポンサードリンク



着け心地
首に掛けたとき 一瞬「重い!(335g)」、「首が疲れないか?」と感じました。
店頭でAmazonPrimeの「アバター」視聴(2時間41分)その間、立ったり、座ったり、歩き回ったり、ほとんどの時間、着けているのを忘れていました。
どうやら問題なさそうです。
映像とサウンドの遅延のギャップはまったく感じませんでした。
ヘッドホンと違い外部音が遮断されていないので没入感は多少削がれますが映画館のような快適な視聴に感じました。

 

構造上、耳のほぼ左右にスピーカーがあるのでテレビのスピーカーと違い左から右に横切って通り過ぎる戦闘機などが非常にリアルです、また低音を増強する「パッシブラジエーター(振動板)」強・中・弱の3段階で好みに合わせることが出来「映画」や「ライブ映像」「ゲーム」の視聴でその場にいるような迫力のある臨場感が味わえます。
「弱」設定では、ほとんど振動は感じませんでした。※低音部分が振動として再生されるのでソースで変わります。

 

 

いますぐAmazonでお買い求め頂けます↓

スポンサードリンク



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です