スポンサードリンク


8月3日に放送された『スッキリ(日本テレビ系)』に日本ボクシング連盟の山根明会長が出演した理由が話題となっている。

なぜテレビの生放送に出たかは理由がある。

一昨日元暴力団、森田組の組長から3日以内に引退しないと山根の過去をバラすぞと脅された。

だからぼくは立ち上がった。

スポンサードリンク


当初の出演時間は9時20分頃だったが、その予定時間になっても山根会長は約束の場所に現れず、山根会長の居場所が不明となっていた。その後、山根会長とは約束していた場所とは別の場所で落ち合い、10時半までには生中継をすると約束。

その後9時40分過ぎになると山根会長が現れ生中継が開始された。

山根会長は入院していたにも関わらず、意外と元気そうで、インタビュー中もファイティングポーズを取る場面も見られた。

村田諒太選手のSNSからのコメントに対して

山根明会長の言葉

村田くんは学生時代はいい選手だった。

だけど、村田君は一人でメダルを獲れる力はない!

加藤浩次さん→その理由は?

村田諒太選手が日本代表でアジア選手権に行った際に、1回戦の試合の内容が使い物にならない。とういうことでした。

ボロボロの試合をした。と。

その時の監督から、村田諒太選手は弱いから海外では使わないほうがいい。と言われて、山根明会長は一度そうだね。ということで了承したそうです。

でも、日本に帰ってきた際、山根明会長が「村田選手に精神的な暗示を与えればもっと伸びる」ということで山根明会長の一存で村田選手をオリンピックに出すことを決定したそうです。

加藤浩次さんは「悪しきふるき人と言っております。」って

山根明会長は生意気だよ!ということでいっかつしておりました。

また、山根明会長は村田選手を1回戦で反則を取られそうになったけど、それは反則ではないということで、会長に反則ではないということで通してくれ!ということで通ったそうです。

加藤浩次さんは「国際連盟のルールを山根明会長は変えられるんですか?」

山根明会長はそれは違います。と反論した。

スポンサードリンク


 

グループ独占販売疑惑について

加藤浩次からグローブ独占販売について問い詰められると、「そんなこと強制していない」と反論。しかし振込先が山根会長の親族のものになっていた。
山根会長が「日本連盟で会社を作ることを提案したが、却下されたため当面の間受け皿として孫の口座を使っていた」と説明。

グローブの説明が終わると山根会長が「ネットで事件にしようと書いてます、澤谷って人物知ってますか? 前科者ですよ」と発言。この発言が危ないと思ったのかスタッフが「次行きましょう」と助成金の話に意向させた。

助成金分配について

成松選手の助成金分配問題について、山根会長は「成松選手のおとなしい顔に騙された」と語った。成松選手は当初は分配に賛成していたと主張。

問題について進退は考えてない落ち度は無い

加藤浩次が今回の問題で進退について尋ねると「問題で進退は考えてない、なんら落ち度はない」と語った。更に「何故にテレビの生出演を決めたかと言うと理由があります。一昨日、元暴力団の森田組の組長から私の知人を呼んで『話は山根に言っておけ、3日以内に引退しないと山根の過去をバラすど!』という脅迫を受けました」と衝撃の出演理由を語った。番組はそこで終わり、結果全ての疑惑は反論した形となった。

 

今話題の山根会長のおもてなしリストも掲載

スポンサードリンク


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です