スポンサードリンク

ためしてガッテン(11月21日放送)で食べる油の新常識が紹介されました。その油を1日スプーン一杯飲むだけで、体重が減ったり中性脂肪が改善され、また心筋梗塞のリスクも下げる効果が期待できるとのことです。

その油はオメガ3脂肪酸のえごま油です。

その効果を引き出すには取り方と保存方法にポイントがあります。

1日スプーン1杯、その油を取り食材に足すと、なぜか体重が減少する人が続出します。中性脂肪の値を改善し、心筋梗塞のリスクを下げる効果も期待できることがわかってきました。

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸は体の中で作ることができないので、外から摂取するしないのです。オメガ3脂肪酸は血液をサラサラにするので摂取しすぎると血が止まらなくなるのでバランスよくとります。オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸=2:1の割合が理想です。

油の種類

  • 飽和脂肪酸:バター・牛肉・ココナッツオイル・パームオイル
  • オメガ9脂肪酸:オリーブオイル・菜種油・アーモンドオイル・米油
  • オメガ6脂肪酸:サラダ油・コーン油・大豆油・ごま油
  • オメガ3脂肪酸:えごま油・亜麻仁油・魚油・アザラシ油
  • えごま油と亜麻仁油の摂取方法
  • スポンサードリンク


摂取方法

えごま油を飲むタイミング

飲むタイミングは朝食が一番効果的なのだそうです。それは朝とることによってよりその後の活動による脂肪燃焼効果がアップするからです。

運動が出来る場合は、飲んだあと運動すればより効果的です。

えごま油の取り方と保存方法

えごま油の取り方はそのまま飲んでもいいし、食べ物にかけても大丈夫です。

注意点は熱によって有効成分が壊れてしまうので、加熱は避けて下さい

保存方法は冷蔵庫に入れて保存し、開封後は1ヵ月を目安に使い切ってください

効果効能

ためしてガッテンで放送される食べるあぶらとはオメガ3脂肪酸と呼ばれる、人の生命維持にきわめて重要な成分とされる必須脂肪酸のことです。

食べる油ともいわれるオメガ3脂肪酸は体内では合成できない不飽和脂肪酸に分類される種類のものになります。

体内で合成できないことから、つねに食事など、食べる事によって外から補い続けることが必要な脂肪酸なんです。

必須脂肪酸といわれるオメガ3脂肪酸が不足すると現代病のもととなる高血圧や動脈硬化につながるドロドロの血液になりやすくなります。

まさに高齢化とストレス社会を生き抜くぬく私達にとっては欠かすことのない栄養素のひとつになります

番組で紹介されていたように「オメガ3系脂肪酸」の摂取に意識を向けておく必要は十分にあります。

個人差はあるとは思いますが、中性脂肪を減らし、病気の予防にも効くという、いいこと尽くしのオメガ3。

Amazonではえごま油のカプセルタイプもあります

コンビニやスーパーでよく見かけるえごま油はこちらですね、Amazonで。

視聴者の反応は?

スポンサードリンク


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です